高校生向けオンライン塾とは?
メリットやデメリット、選び方を解説

オンライン塾で勉強する高校生

オンライン塾で勉強する高校生

高校受験を終えてほっとしたのもつかの間、次にやってくるのは大学受験です。多くの場合は、塾や予備校の利用を検討するのではないでしょうか。

しかし、交友や行動の範囲が広がり、部活やバイトなどでも多忙な高校生にとって、通塾の時間を確保するのは至難の業。「できるだけ早いうちに受験対策を始めたい」「推薦を狙うために定期テストの点数を上げたい」と思いながら、忙しく過ごすうちに気づけば時が過ぎていた…ということにもなりかねません。

オンライン塾は、一般的に「塾」と聞いて想像する通塾タイプではなく、インターネット環境で講師と生徒を結び、自宅にいながら授業を受けるシステム。インターネット上に開設された教室で授業が行われるイメージなので、リアルな施設はありません。新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う外出自粛要請を受けて広まり、新しい塾のひとつとして定着しつつあります。

ただし、オンライン塾で大学受験までサポートしてくれるか、高校ごとにレベルの異なる授業に対応してくれるか、不安に思う場合もあるようです。そこで、高校生向けのオンライン塾について、メリット・デメリットや選び方のポイントを解説します

高校生のオンライン塾のメリット

部活もオンライン塾は両立しやすい

部活もオンライン塾は両立しやすい

高校生がオンライン塾を選択する場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。
オンライン塾のメリットを紹介します。

メリット
1

日本全国、どこにいても通える

都市部にはさまざまなタイプの塾がありますが、地方や離島ではその数が限られます。 遠方まで通塾したり、地元の塾に通っているものの内容が物足りなかったりと、負担や不満を感じている高校生もいるでしょう。 オンライン塾では、住んでいる場所にかかわらず、優れた講師陣による質の高い授業を受けることが可能です

メリット
2

時間を有効活用できる

オンライン塾は自宅で授業が受けられるため、通塾の必要がないところがメリットです。 希望にマッチした塾が近くにない場合は、電車を乗り継くなど遠方まで通わなくてはなりません。 多忙な高校生にとって、塾までの行き帰りの時間を削減できるのはオンライン塾の大きなメリットでしょう。 また、保護者にとっても、夜遅い時間帯の授業で行き帰りの心配をする必要がなく、安心して受講させられます。

メリット
3

繰り返し学習できる

単元ごとの解説映像など、動画コンテンツが豊富なのもオンライン塾の特徴です。 苦手分野の予習・復習やテスト前の確認などに利用でき、隙間時間を活用して自主的に学ぶことで、学習効果が高まります。 さらに、教えてもらうのを待つのではなく、みずから必要な情報を探す姿勢が鍛えられ、主体的に学習する習慣を育てることにもつながるでしょう。

メリット
4

店舗型の塾と比べ授業料が安い

オンライン塾はインターネット環境が必要なものの、店舗型の塾と比べ料金が安いことが多いです。
理由としては、オンライン塾は実店舗を持たないことにより家賃などの固定費が安く抑えられ、その分授業料を安くできるからです。 「塾は授業料が高いから」と諦めている方も、オンライン塾であれば通わせられるかもしれませんよ

メリット
5

感染症のリスクを抑えることができる

オンライン塾では授業は全てオンラインで完結するため、先生や他の生徒との物理的な接触を避けることができます。 家族三世代で暮らしているご家庭や、おじいちゃん・おばあちゃんと会う頻度が多いご家庭でも、オンラインであれば安心して授業を受けることが可能です。

高校生のオンライン塾のデメリット

オンラインだとやる気が出ない子供も

オンラインだとやる気が出ない子供も

オンライン塾を利用する際には、デメリットも知った上で検討したいもの。オンライン塾で考えられるデメリットを紹介します。

デメリット
1

自主性が必要になることも

オンライン塾は、日常生活の場がそのまま学習の場になるスタイルです。
塾という「場」に行くことで自然と気持ちが切り替わる通塾と違い、本人の意志で自主的にスイッチを切り替えなくてはなりません。 自宅にいることで緊張感がなくなり、ぼんやりと授業を受けてしまえば、せっかくの時間が無駄になってしまいます。

デメリット
2

競い合う仲間がいない

オンライン塾は、基本的にほかの生徒と話したり、塾内の模試で成績を競ったりすることはありません。
他人の存在を気にせず授業に集中できますが、勉強に対するモチベーションを保つには競争相手が重要であることもまた事実。 同じ目的を持った、同学年の仲間と切磋琢磨することで成績が飛躍的に伸びたり、進学先の口コミ情報を得られたりすることもあるでしょう。

そら塾の場合

そら塾はオンラインでもしっかりと子供のやる気を引き出します

そら塾はオンラインでもしっかりと子供のやる気を引き出します

「そら塾」は、森塾や自立学習REDを全国に300校舎以上展開する東証一部上場の(株)スプリックスが運営する、先生1人に生徒2人までのオンライン個別指導塾です

そら塾では、首都圏の有名大学に在籍、または卒業した講師陣をそろえ、都市部と地方の格差のないハイレベルな授業を展開しています

個別の授業以外にも、テキストに沿った解説画像がいつでも見放題で、予習・復習、テスト前の確認など、繰り返し学習することが可能です。担当の講師がいる専用のオンライン自習室もあり、授業以外でも学びたい意欲のある子供をサポートします。

また、授業では指導だけでなくコミュニケーションも重視し、生徒のセルフモチベートをサポートします。基本的にマンツーマンではなく生徒2人で授業を受けるため、もう一人の生徒の存在も良い刺激となることでしょう

高校生向けオンライン塾の学習方法

オンライン塾の学習方法には、さまざまなタイプがあり、何が合うのかよく比較・検討してから選ぶ必要があります。 続いては、オンライン塾の学習方法の種類をご紹介しましょう。

個別指導型

先生1人につき生徒1~5名に対して指導します

先生1人につき生徒1~5名に対して指導します

個別指導型はリアルタイムで講師と話ができるので、別の空間にいながら通塾と同じような「場」を共有する感覚が味わえます。 個々の進度や理解度に合わせて、丁寧なフォローアップができるスタイルです。また、個別授業だけに、講師との相性や指導力は重要になってくるでしょう。

大人数授業型

先生1人で大人数に対して授業を行います

先生1人で大人数に対して授業を行います

大人数授業型は、リアルタイムで配信される授業の映像を見ながら学ぶ形式です。 コメントを書き込んで質問をしたり、スタンプでリアクションしたりすることも可能で、学校のオンライン授業と同じような形式で学ぶことができます。 ただし、オンライン特化でない塾の場合は、授業の様子をリアルタイム配信しているだけのこともあり、生徒数が多い場合はすべての質問に答えきれない可能性もあります。

動画配信型

録画された授業を好きなタイミングで見ることができます

録画された授業を好きなタイミングで見ることができます

動画配信型は、講師の授業を撮影した動画をウェブサイトにアップし、生徒は好きなときにアクセスして視聴する形式です。 わからない箇所があったときや、テスト前に内容を再確認したいときなど、見たい単元を選んでピンポイントで視聴することができます。
動画配信型は、塾が家庭学習のサポートとして用意するものと、従来のeラーニングのように完結型の学習コンテンツとして提供されるものに大別されます。いつでも視聴できるのがメリットですが、学習に意欲的でない場合は、そもそも動画を見ない可能性もあるでしょう。

学習管理型

授業を行うのではなく、生徒の勉強を管理します

授業を行うのではなく、生徒の勉強を管理します

学習管理型は、学力や目標に合わせて講師と学習計画を立て、1日単位、1週間単位などで学習内容を報告する形式です。 時間の制約がなく、隙間時間で効率的に学習を進められますが、主体的に学習できなければ続かないという問題があります。

そら塾の場合

そら塾は生徒と先生の相性を重要視しています

そら塾は生徒と先生の相性を重要視しています

そら塾は、先生1人に生徒2人までの個別指導に加え、テキストに準拠した解説動画が自由に使用できるハイブリッド型です。自習室担当の講師がいる専用のオンライン自習室もあるため、授業以外でも学びたい意欲のある子供をサポートします。

個別指導では講師と生徒の相性も重要ですから、授業の後は毎回簡単なアンケートを行い、結果によっては定期面談のほかに個別面談を実施。高校生の学びたい意欲を妨げないよう、学習方法の見直しを行います。先生との相性が合わない場合は「先生変更制度」があるので安心です

オンライン塾の入塾前に用意する物

オンライン塾では、インターネット環境と使用するデバイスが必要です。 特に、動画視聴はデータ量が大きいので、通信速度に制限がないようインターネットの契約を見直しておくといいでしょう。 そのほか、オンライン塾を利用する前に、必要な物を紹介します。

オンライン塾で用意するもの

必須

    いずれかのデバイス

  • PC
  • タブレット
  • スマートフォン

あると便利

  • マイクつきイヤホン(ヘッドセット)
  • カメラ(デバイスに内臓されていない場合)
  • スタンド(タブレットやスマートフォンを利用する場合)

デバイスは塾によって指定がないか、事前に確認してください。
テキストが配信される場合は、スマートフォンでは見にくく、タブレットやパソコンが必須の場合もあります。
デバイスに内蔵されていれば、マイクやカメラはなくてもオンライン塾の利用はできますが、画質や音質を求めたり、集中して学習したかったりする場合は、マイクつきイヤホンやカメラの利用がおすすめです。
また、必須ではありませんが、画面を見ようとして姿勢が悪くなるのを防ぐために、デバイスのスタンドもあると便利です。

高校生のオンライン塾を選ぶ際のポイント

オンライン塾は地域ごとの学校の授業への対応が難しい塾も多い

オンライン塾は地域ごとの学校の授業への対応が難しい塾も多い

オンライン塾にはさまざまな種類があり、それぞれ異なる特徴があります。ここからは、比較・検討する上で注目すべきポイントを紹介します。

ポイント
1

大学受験に向けたカリキュラムがあるか

高校生のオンライン塾選びでは、大学受験にどれだけ対応しているかが重要なチェックポイントです。
志望校合格に近づくためのカリキュラムを組んでくれるか、必ず確認しましょう。 受験指導実績があるか、各大学の受験の分析データを持っているかなども、確認しておくことが望ましいです。

ポイント
2

学校の授業に対応しているか

高校の定期テストは内申点に直結するため、コンスタントに点を取っておきたいもの。 推薦入試を狙う人は特に力を入れたい部分です。また、大学受験を突破するためには、授業で学ぶ基礎部分の理解が必須です。 オンライン塾では、高校の授業内容やレベルに合わせて指導してくれるか確認しておきましょう

ポイント
3

講師との相性

受験までの道のりを、高校生が自分だけで乗り切るのは困難です。困ったとき、悩んだとき、気軽に相談できて的確なサポートをしてくれる講師の存在は欠かせません。
指導の仕方、授業のわかりやすさに加え、人間力にも注目して、信頼できる講師のいる塾を選んでください。体験授業などで雰囲気を確認し、万が一相性が合わない場合に変更できるかも確認しておきましょう。

ポイント
4

費用(授業料)

オンライン塾は、通塾タイプの塾に比べ、施設コストがかからない分費用が抑えられます。ただし、塾によっては補講や模試などで別途費用がかかる場合があります。 毎月の授業料に加えて模試や補習、夏期講習・冬期講習などを含めた年間総額を確認しておくことをおすすめします。

ポイント
5

無料体験できるか

高校生が塾での学習を継続するためには、自分に合っているかが重要です。講師のタイプや授業の進め方、指導のスタイルなどにストレスを感じると、塾が苦痛になり、ひいては勉強嫌いになりかねません。 まずは体験授業で、塾との相性を確認しましょう

そら塾の場合

 そら塾の自慢の講師陣

そら塾の自慢の講師陣

そら塾では、高い倍率を勝ち抜いて大学受験を突破した優秀な講師陣によるフォローを前提として、「推薦入試」と「一般入試」どちらにも対応。個別指導の強みを活かして、学校の内申点アップにつながる定期テスト対策、志望大学の傾向を踏まえた個別の学習カリキュラム作成で、一人ひとりの目標達成に向けて並走します

また、講師陣には現役の有名大学の大学生、医学部生、薬学部生も在籍しており、自分の憧れの大学・学部に通っている先生から直接授業を受けることでさらにやる気につながる高校生も多いでしょう

授業料についても安心。1回80分の授業を、個別指導ながらオンライン塾ならではの低価格で受講でき、無料体験も受講可能です。手頃な授業料と、スマートフォンのみで受講できる簡単なシステムで、自宅でも手軽に大学受験に向けた指導を受けていただけます。高校3年間、限られた時間を有効に活用して、志望校合格を勝ち取りましょう。

実際の授業の様子を公開中!

※動画は中学生の授業になります

入塾金11,000円も全額免除

合格までの道のりをしっかり支援してくれるオンライン塾を選ぼう

オンライン塾は通塾の手間や時間が必要なく、施設を持たない分だけ費用が手頃というメリットがあります。日本全国どこにいても、レベルの高い指導が受けられる点も魅力です。

大学入試までの道のりは、目指す大学のレベルや志望する学部、入試のスタイルによってさまざま。生徒一人ひとりに合わせた指導をしてくれるか、各高校別の定期テストの範囲やレベルをカバーできるのか、しっかり調べてオンライン塾を選んでください。

  • 数学
  • 国語(古典・現代文)
  • 英語
  • 理科(物理・化学・生物・地学)
  • 地理歴史
  • 公民
高校生コース

学校の授業内容やレベルに
合わせた指導で “よくわかる”

高校生コース
高校生コースの詳細はこちら
無料体験はこちら リーズナブルな授業料はこちら